テスト記事2

内容

WordPressのサイトをCoccoonを使って作成中。

追加で段落を作成。

この3つの過程を通して、主体は実体へと変化し、自己としての主体は消滅する。しかし、後続する新たな現実的実質(主体)に客体化され、それを限定する要件となる。主体は総合して消え去ることはなく、受け継がれていくのである。生成(主体)から、存在(実体)へ。

参考リンク

画像

可愛いカエルの図 こちらを見ている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。